ブログ


お勧め本

 ブログの更新を全然していない状態ですが、これといったネタもないので唐突にも本の紹介をさせていただきます。

 比較的最近読んだ本の中で紹介できそうなものをいくつかピックアップしました。

 どれも有名どころでそんなに掘り下げたものではない上、斬新な切り口は一切ありませんのでご了承下さい。

 

 

■ 銃・病原菌・鉄㊤㊦ ジャレド・ダイアモンド(著)

 

 ヨーロッパとアフリカで文明・経済的差異が大きく生まれた要因は環境なのか人種なのか、それとも単に運によるものなのか、あらゆる学術的分野から考察した歴史書です。ユヴァル・ノア・ハラリの作品が好きな方には傾向が似ている部分があるかと思います。ちなみに私は好きで、サピエンス全史、ホモ・デウス共々ファンです。

 

■ 賭けの考え方 イアン・テイラー(著)

 

 ポーカープレイヤーの正しいメンタルの在り方を指南した本ですが、ポーカーをよく知らない人でも不完全情報のゲームを楽しむ方にはためになるかと思います。不完全情報のゲームを楽しまない方にも最後の方の人生への応用部分が秀逸です。ゾーンが有名だったりしますが、言い回しに海外本特有の分かりにくさが何となくあるので、こちらも海外ですがこちらの方がしっくりくるかと思います。

 

■ レオナルド・ダ・ヴィンチ㊤㊦ ウォルターアイザックソン(著)

 

 ダ・ヴィンチの伝記そのもです。㊤㊦含めるとかなり分厚く根気が要りますが、伝記物としては意外に読みやすかったりします。ダ・ヴィンチの手描きのメモがカラー写真でそこらじゅうに散りばめてありますので、それだけ見ても価値あるかと思います。

 

■ PRINCIPLES レイ・ダリオ(著)

 

 界隈では知らない人などいないと思われるブリッジウォーター、レイダリオによる、人生と仕事について著者自身が本質的部分と捉えていることについて綴った本です。自己啓発本に近いような感じでした。「経済と投資の原則」の2作目も予定しているみたいです(海外ではもう出版されているかもしれません)。カバーや紙がメチャクチャ高級感があります!

  ちなみに、レイダリオはリンクトインでパラダイムシフトという投稿をしており、これは無料で読めたりします。ただ英語版しかないので一括翻訳とかしてみて下さい。

 

 

 以上です。

 

 おそらくあまり参考にならないと思いますが、各タイトルをクリックするとAmazonに飛べるようになっていますので、興味がある方でもっと詳しい内容が知りたい場合はそちらで調べてみてください。

 

 もちろんアフィはやっていませんので、読んでもいいなあという本があった方は購入して是非読んでみてください。

 

   

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社フリードマン環境設計. All rights Reserved.