ZEH住宅


ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及目標について

 

ZEH(ゼッチ)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる省エネルギー性能では先端をいく住宅です。

 

 

メリットとしては以下のようなものが考えられます。

  • 補助金制度が活用できる
  • 光熱費が削減できる
  • 高性能な省エネ住宅として資産の価値を高められる
  • 客観的な性能評価を受けるため、ZEHというブランディング化が可能となる
  • 優遇減税を受けやすい
  • フラット35Sの金利優遇を受けられる

一方、デメリットとして、太陽光発電設備が必須であるなど、イニシャルコスト(初期費用)が割高となってしまう点が挙げられます。一般的にZEH化には250~300万円程度かかるといわれています。

 

 

[高断熱でエネルギーを極力必要としない(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)]+[高性能設備でエネルギーを上手に使う]+[エネルギーを創る]

 

   出典:資源エネルギー庁

 

 

 

経済産業省では、「2030年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

弊社におきましても高度省エネ住宅の推進をしており、ZEH普及目標を定めております。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について詳しくは

 


 

既存戸建住宅の改修のZEH目標及び実績

    H28年 H29年 H30年 R1年 R2年

ZEH受託率目標

  10% 20% 30% 40% 50%

ZEH受託率実績

  0 0 0    
受注実績 受注全数 2 3 0    
 

ZEH受注数

0 0 0    
 

N・ZEH数

0 0 0    

 

 


 

ZEHビルダー登録番号:ZEH29B-00426-R

登録名称      :FREEDOMAN環境設計一級建築士事務所

種別区分      :既存戸建住宅の改修

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社フリードマン環境設計. All rights Reserved.